転職 コンサルタント 二次面接 対策

転職面接で二次面接の対策をコンサルタントとする

転職,コンサルタント,二次面接,対策

転職をする際に二次面接を突破することができれば採用はかなり近くなります。数多くの案件を担当してきたコンサルタントは採用募集をしている企業がどんな人材を望んでいるか知っているので、時間を取ってもらって対策をしてもらうといいです。通常二次面接では、一次面接できいたことを繰り返し聞かれることが多いのですが、キャリアがある方は入社したら何ができるのか、何をやりたいのかを明確にしておく必要があります。具体的にどういう行動をして、チームや会社にどんな影響を与える事ができるのかをしっかりと伝えることができると、採用担当者も入社してもらったらどうなるかというイメージが付きやすいはずです。特にキャリアがある場合は、今までしてきたことを体験を交えて話をしてもらうような質問を投げられることがあるので、あらかじめきかれそうなことは用意しておくと緊張してもスムーズに答えられるはずです。また実際に採用された場合はいつ頃入社できるのかもはっきりさせておくべきです。転職活動でのすべての選考において共通している事は自分がアピールしたいことをアピールするのではなく、企業が採用したいと思わせる事をアピールすることなのでコンサルタントのアドバイスはかなり重要になります。

コンサルタントを利用した転職での内定の保留方法

転職,コンサルタント,二次面接,対策

転職の際にコンサルタントを利用して活動し内定をいただくことがあると思います。自身をもってアピールをしたものの、本当に転職しても自分が活躍できるのかや不安があったり、ほかの会社の結果待ちをしているときにはすぐには返答できないことがあると思いますが、そのときは担当しているコンサルタントに保留期限はいつまでかを必ず確認してそのときまでに答えを出すべきです。何を迷っているかが明確な場合はそのことは伝えるようにし、採用にあたり再度確認したいことや気になっていることに対してはすぐに確認をしてもらって、入社後に自分のイメージとは違っていたということになりすぐに辞めることにならないのが一番です。もしも断るのなら採用してくれた会社に対して速やかに返事をしなければなりませんし、迷惑がかかってしまいます。採用を決めた企業は転職者の場合には即戦力になる人材を探しているため再度依頼をしなければならないからです。やむを得ず辞退をすることもあるとは思いますが、その際にはきちんと理由を言うようにしなければ次回コンサルタントが自分にあったいい企業を紹介してくれる可能性が減ってしまうこともあるということを覚えていたほうがいいです。 401