企業のコンサルタントへの転職は弁護士が多い

多くの企業特に大企業に多いのですが顧問またはコンサルタントと言われる人がいて、経営やトラブルの処理の際にアドバイスを与える仕事をしています。最近は日本国内だけではなく海外でのトラブルも多いので、コンサルタントを採用している企業は増加の傾向にあります。

 

そのコンサルタントですが多くは前職は弁護士や司法書士、行政書士等の法律のプロフェッショナルと呼ばれる人が多くこの職業に就くには希望して就くものではなく、多くは企業のトップの人脈から転職を依頼するケースが多く専門で就く人もいれば法律事務所を経営している人などは、掛け持ちで行っている人もいます。

 

主な仕事は経営に関連する相談の対応や、企業間のトラブルの処理が主な業務になりますがこの様な問題は頻繁に起こる物では有りませんので、多くの弁護士は掛け持ちでやっているケースが多くまた人によっては企業を掛け持ちでやっている人もいます。仕事的には転職と言うよりは法律事務所時代の顧客から依頼されて受けるケースが多く、最近では海外でのトラブルも増えてますので国際的な資格を持っている人は更に人気が高い傾向が有ります。

 

基本的には多くは法律事務所を経営しているか、法律事務所に所属していて信用の有る人が依頼されるケースが多く見られます。