コンサルタントへの転職適齢期はいつか

コンサルタント業界は一般的に高給といわれています。そのため、次のステップアップとして転職を希望する方も多いと思います。では、適齢期はいつになるのでしょうか。

 

そもそもコンサルタントとして入社するには新入社員が絶対的に有利です。会社としては一から人材を育てようとしていますので、全面的にバックアップをします。それは日々の激務の働き方も自然と身に着くようになるんどえ、適性云々に関わらず、一人前になりやすくなります。

 

その中で、転職をして、新卒プロパーと比較されるようになります。そのため20代前半での転職はお勧めできません。先述の通り、比較されると新卒が優遇されているからです。

 

その意味で20代後半から30代前半の、いわば仕事を一人で回せるようになり、相応の突出したスキルを持っているタイミングがいいでしょう。

 

30代を超えての転職となると体力的にまた家庭があったりして時間的にコンサルタントの働き方に順応するのが厳しくなります。またスキルがないと、もはやクビ同然の扱いを受けて辞めざるを得ない雰囲気になります。

 

いずれにしてもコンサルは成果主義であり厳しい業界であることは確かです。高いスキルと強いモチベーションをもち、転職に臨みたいところです。